おいしいコラーゲンドリンク 副作用

おいしいコラーゲンドリンクの副作用。成分一覧を確認しよう

おいしいコラーゲンドリンクに副作用の心配はないのでしょうか?

 

副作用は、医薬品を摂取したことによる弊害のことを指すので、厳密には副作用という言葉はふさわしくありませんが、ここでは「悪影響」「リスク」と読み替えていただければと思います。

 

いくら体によいコラーゲンが摂取できるからといって、副作用があるようでは意味がありませんよね。

 

そこで、成分一覧から危険な成分が含まれていないかどうか、詳しくチェックしていました。

 

おいしいコラーゲンドリンクには、現在ピーチ味とレモン味があるのですが、それぞれの成分を見てみます。

 

画像の左がピーチ味で、右がレモン味です。

 

おいしいコラーゲンドリンクの副作用

 

 

ピーチ味の原材料

 

ピーチ味の原材料や栄養成分は、以下のようになっています。

 

豚コラーゲンペプチド、もも果汁、砂糖、こんにゃく芋エキス加工品(セラミド含有)果糖ぶどう糖液糖、香料、リンゴ酸、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、クエン酸、ビタミンC、ビタミンD

 

栄養成分表示:1本(125ml)
熱量/65kcal、たんぱく質/10g、脂質/0g、炭水化物/6.3g、
ナトリウム/0~40mg

 

アレルギー物質:豚肉、もも

 

 

レモン味の原材料

 

レモン味の原材料や栄養成分は、以下のようになっています。

 

豚コラーゲンペプチド、レモン果汁、砂糖、こんにゃく芋エキス加工品(セラミド含有)、クエン酸、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、ビタミンC、ビタミンD

 

1本(125ml)あたりの栄養成分
熱量/65kcal、たんぱく質/10g、脂質/0g、炭水化物/6.3g、
ナトリウム/0~40mg

 

アレルギー物質:豚肉

 

 

主力製品であるピーチ味と、サブ的な扱いのレモン味では微妙に原材料が異なりますが、どちらもとくに副作用があるとされるような物質や成分は含まれていませんでした。

 

そのため、どなたでも問題なく飲むことができると思います。

 

ただし、コラーゲンを生成する過程で豚が使われていることと、ピーチ味には当然のことながら桃が使われています。

 

よって、桃や豚にアレルギーをお持ちの方は、アレルギー反応があわられることがありますので、くれぐれもご注意ください。

 

⇒おいしいコラーゲンドリンクの公式サイトはこちらから